<期間限定セール>高級ブランドルイ ヴィトンコピー財布

1.内側素材のべたつき

使い方や保管の仕方にもよりますが、3~10年以上使わずに放置しているバッグや財布によく見られるダメージが「内側素材のべたつき」です。

べたつき発生後に素材剥がれも誘発します。

 

強者になるとべたつきと素材剥がれを経て、内側のキャンバス地がむき出しになったりもします。

ヨーロッパ生まれのヴィトン製品は日本の高い湿度が大の苦手。

最近のバッグは内側を布素材にするなどべたつかない素材が採用されていますが、古いヴィトンのバッグの大半はこのべたつきが発生しやすい素材が使われています。

メインの収納が大丈夫でも、外ポケットは90%ぐらいの確率でべたついていると思います。

メインの収納はもちろん、内ポケットや外側のポケットにも乾燥剤を入れておくとGood!

 

シリカゲルはフライパンで炒れば再利用できるすぐれものです♪

元々バッグに付属している布は分厚く、通気性には優れていません。

 

不織布と呼ばれる通気性の高い布袋に入れ、ほこりなどの付着を防ぎましょう。

日本の気候は湿度が高く、特に押し入れやクローゼットの中は湿気がたまります。

 

クローゼットも定期的に換気し、バッグもいったん外に出して乾燥させてあげましょう。

2.エナメル表面のべたつき

あとは綺麗な布やタオルで拭き取ってあげるとかなりべたつきを軽減でき、まだダメージの浅いものであればほぼ完璧にべたつきを取り除くことができます。

このカビですが、そのまま放置しておくと、なんと金具が取れてしまうほど劣化してきます!

3.錆(サビ)

ヴェルニラインというエナメル素材のバッグや財布に多いこの変色。

特に淡い色には要注意!

4.変色と焼け(ヤケ)

さらに、ヴィトンのヌメ革に見られるこちらの焼け。

新品状態より少しアメ色に焼けている方が好きという方も多いですが、保管状態が悪いと真っ黒になります。

変形してしまうとなかなか持って外に出るのは抵抗がありますよね。。。

「そんなんできたらやってるわ!うちにはそんなスペースがないんだ!」って声も聞こえてきそうですが。。。

 

そんなあなたにはぜひ聞きたい!

「今家にあるバッグ、全部使ってますか?何年も使ってないバッグもあるんじゃないですか?」

 

もうしそうなら、使わなくなったバッグは売ることでお小遣いにもなり、クローゼットの整理もできますよ♪

5.型崩れ

ちなみにこの定番のボストンバッグ「キーポル」ですが、折りたたんで保存できるってご存知でしたか?

正規店でもこうやって折りたたんで保管しているようです。

 

これならかさばらず型崩れすることなく保管できますね♪

 

小さいサイズのスピーディでも同じように折りたたむことができるのでぜひ試してみてください。

出典:https://brand-hands.com/lv-hokanhouhou/

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です